概要

エンジンの主要部品であるコンロッドの出荷検査(員数、並び順)の自動化を実現

課題

・コンロッドを生産する工場では、出荷時にコンロッドが規則正しく並んでいる必要がある。それまでその検査を目視で実施しており、見逃しが発生して納入先からのクレームにつながっていた。

・1段あたり280本程度コンロッドが並び、数字を目視で確認する必要があるため、1段あたり5分程度の検査時間を必要としヒューマンエラーを起こす要因となっていた。

導入効果


月間検査時間を102時間削減

ソリューション

自動検査システムで短時間での検査を実現!

①検査装置にコンロッドが並んだトレーをキャスターを用いて挿入する。

②画面を操作すると30秒以内に検査完了。

③1ヶ月分の記録が画像と共に自動的に装置内に保存される。


検査結果を対象部品ごとに記録。検査日時、シリアルNo、結果を記録することができる。

自動検査のモニター画面